融資を受けるとき

銀行から融資を受けるとき、税理士が間にいるのといないのとでは大きな違いになってきます。
銀行は信頼出来る人にお金を貸したいと思っています。
しかし、会社の業績が伸びていくかどうかはなかなか保証ができないものです。銀行マンもサラリーマンですから一件でも回収できなかったら自分の業績に関わってきますので必死です。

銀行が融資をするかどうかの基準として税理士が間に立っているかどうかがあります。
税理士以外にも紹介者としては弁護士や司法書士、不動産業者などが立っている場合がありますが、その中でも一番税理士からの紹介案件を銀行マンは喜びます。

なぜなら、税理士はその会社の経営状況など数字をすべて把握しています。その税理士からの紹介ということはそれなりに信頼がおけるお客様ということがわかるからです。
さらに経営者と税理士と言うのは持ちつ持たれつの関係です。会社が潰れたら税理士さんの名前にもキズがつきます。ですから、税理士さんはきっちりその会社が業績をのばし、融資を回収できるように決算書や経営計画書を作製してアドバイスをしていってくれるのです。

特にその税理士が優秀であればあるほど会社との密な関係ができています。会社のお金のことに関しては誰よりも詳しく知っているのです。

優秀な大阪の税理士をお探しでしたらおすすめはこちらです!